Game Culture Game Programmer's (web)Log

Game Cultureのカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

海外のGOTY、日本のGOTY(1)

大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年始めましたこのブログも、おかげさまで、
多くの方のコメントやweb拍手をいただきました。

今年も変わらず、ユーザ視点に留まらない独自の観点で、
面白いお話をご紹介できればと思っております。
仕事の都合上、なかなか頻繁には更新できないとは思いますが、
引き続きお付き合いいただければ幸いです。

さて、2007年を振り返ると、ゲーム業界にとってはなかなかの
当たり年だったようです。

海外では「Halo 3」や「Guitar Hero 3」などのミリオンタイトルも
連発されましたし、他にも「Assassin's Creed」や「Bioshock」
などの良作にも恵まれました。
国内でも、WiiやDSが引き続き好調で、新ハード(いわゆる現行機)
が出揃い、ぼちぼちと良作が揃ってきたと思います。

そんな中、海外では毎年恒例となっている、「Game Of The Year」
略して「GOTY」が各ゲームサイトで発表になりました。
国内ではiNSIDEにその内容がまとめられているのでご紹介いたします。

各ゲームサイトが選んだGame of the Yearを一挙紹介(iNSIDE)

これを見ただけでも、2007年の海外シーンがいかに盛況だったかが
よく分かる結果になっていると思います。

「スーパーマリオギャラクシー」はほぼ鉄板で、
(私のアメリカ人の友人も大絶賛していました)
DS版「ゼルダの伝説」、「Call of Duty 4」などのそうそうたる
顔ぶれが揃っています。

IGN.comでは、各プラットフォームごとにさらに各ジャンルでベストを決め、
それに関する動画の紹介や、コメント欄を開放しての
ユーザ同士のやりとりなど、かなり力が入っていますし、
同じくIGNグループのGameSpyでは、各プラットフォームごとに、
総評に始まり、TOP10(一部のプラットフォームはTOP5)の
ゲームの紹介や評価された点などを詳細に記述しています。

IGN Best of 2007
GameSpy Game of the Year 2007

海外では年末に限らず、E3やGDCなどのイベントの際にも
決まってこの手のアワードが開催され、大いに盛り上がります。
ところ変わって国内ですが、これが不思議なことに、
海外のGOTYのような盛り上がりがあまり見られません。

続きを読む

2008年01月09日 Game Culture トラックバック(0) コメント(0)

「レイトン教授」の件で思い出したこと(表現の自由)

現在PSPの「PATAPON」で遊んでいます。
ここ最近では珍しい、手作り感のある、作った人の気持ちが
にじみ出ている感じのいいゲーム
だと思います。
エキサイティングとはお世辞にも言えませんし、
どちらかというと作業的でちまちまとした地味なゲームですが、
最近のゲームでは満たされない部分を満たすような
不思議な魅力を持っていて、繰り返し遊びたくなる
中毒性があります。ある意味では違う形のキャラゲーです。
気になっている方はぜひ。

さておき、本題です。

以前のエントリで、「レイトン教授」の開発元であり
販売元であるレベルファイブの公式リリースにて、
ユーザによる攻略サイト公開の自主規制を求める見解が
発表されたことを書きましたが、その件に関連して、
いくつか思い出したことがあったのでご紹介します。

続きを読む

2007年12月27日 Game Culture トラックバック(0) コメント(0)

Amazonに物申す

ネットでブログをご覧の方にはもはや知らない方はいないかと思われる
大手インターネットショッピングサイトであるAmazonですが、
このサイトには、商品に関する評価(レビュー)を
ユーザがつける機能があります。

有益なものから、てんで的外れなものまで、ありとあらゆる評価を
見ることができますが、この評価システムに関して、
思うところがあるので少し書いてみようかと思います。

続きを読む

2007年12月02日 Game Culture トラックバック(0) コメント(0)

「レイトン教授と悪魔の箱」攻略サイトの削除要請を発表

MSNの産経ニュースサイトから。
「攻略サイトは即刻削除を」ゲームメーカー要請で波紋

そして、実際のメーカーからのリリースはこちら。
ナゾ解答の掲載について

概要としては、攻略サイトは遊ぶ人の楽しみを奪う行為になるので
掲載は控えてほしい」
というメーカーからの要望が発表されたということです。


続きを読む

2007年12月01日 Game Culture トラックバック(0) コメント(11)

ご自宅でDSゲーム開発、Homebrewの世界

ふらふらと海外サイトを見て回っていたところ、
とあるサイトにたどりつきました。

beyond DSというサイトで、どうやら、自作のDSソフトを公開しているようです。

私もこのとき初めて知ったのですが、市販のゲーム機で動作する
ソフトを自作する行為、そういった文化を、海外では「Homebrew」と
呼ぶ
のだそうです。
Wikipediaにも解説がありました。

このbeyond DSというサイトでは、親切なことにソースコードも
公開されているので、ちょっと眺めてみましたが、
実にシンプルかつ丁寧にまとまったコードでした。
ちょっと古臭い記述も散見されましたが。
ひょっとしたら本業の方かもしれません。

その中で、見慣れないライブラリのリンクがあったので調べてみると、
任天堂純正のSDKの代わりに、DSのハードを叩くためのライブラリが
フリーで公開されていて
仰天しました。
PAlibというライブラリだそうですが、
このサイトではこのライブラリを使った自作ソフト(ゲームだけでなく)
も多数投稿されていて、海外でのDS Homebrewの盛り上がりを感じました。
詳細は分かりませんが、どうやらフランスの有志が作ったもののようです。
さすがフランス。世界一(日本人より)日本のサブカルに詳しい国。

このPAlibのサイトでは、PAlibを用いてDSのソフトを作るための
チュートリアルが大変細かく説明されているのですが、
わざわざライブラリ導入以前のC言語のチュートリアルまでされているあたりが
「何もそこまで…」というほど親切で驚きます。
これを読めば、本当に誰でも簡単なソフトなら作れそうな感じがします。

小さいデベロッパであれば、まずHomebrewでプリプロダクションまで済ませ、
ゲームの感触を確かめた後で、正式にプラットフォームホルダーと
ライセンス契約し、経費を節約する
という方法もひょっとしたら
可能かもしれません。
Xbox360のプリプロダクションがXNAならば、DSはPAlibで、ということで。

法律的にはグレーゾーンな気もしますが、GBA用のフラッシュROMに
転送して起動する方法もあるようなので、そのうち同人DSゲームが
即売会で売られたり、というのも見られるかもしれません。
そういえば、昔GBAでも同人ゲームってありましたね。

2007年09月02日 Game Culture トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。