Wiiのサードパーティ製ゲームが売れなかった理由 Game Programmer's (web)Log

Wiiのサードパーティ製ゲームが売れなかった理由のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Wiiのサードパーティ製ゲームが売れなかった理由

先日、任天堂カンファレンス2010が開催され、ニンテンドー3DSに関する
詳細情報が発表されました。その中で、任天堂ハードではサードパーティ
任天堂以外のソフトメーカー)のゲームが売れない」
という定説に関する
言及がありました。

http://www.nintendo.co.jp/n10/conference2010/presentation/textJ/08.html
任天堂カンファレンス2010


サードパーティメーカーでは、「Wiiでは商売にならない」というのは
結構前から常識になっていることでもあります。

こういう話になると、よく言われるのが「任天堂ゲームがサードパーティの
ゲームよりも優れているから」という説なのですが、話はそんなに単純でも
ないかと思います。何しろ、任天堂のゲームですら苦戦するタイトルが
多い
という現状です。「面白いゲーム=metascoreが高い」という前提で言えば、
任天堂タイトルよりもmetascoreが高いゲームも少なからず存在します。

Wiiの購買層や、任天堂というブランド力など、いろいろと要素はありますが、
その他にある大きな原因があるのではないかと考えています。

それは「新しいデバイスを使ったゲームを作る能力が、
日本のゲーム開発者に不足しているのではないか」
という点です。

逆に言うと、新しいCPU、新しいアーキテクチャを使いこなす能力は
ある
ので、Wiiよりもさらにマシンスペックの高いPS3やXbox360のような
ゲーム機では存分に力を発揮でき、結果、そちらの方が魅力的に見える
ということです。

あえて挑発的に言えば「プログラマ、グラフィッカーは新しいハードに
適応できているが、ゲームデザイナーが適応出来ていない」

とも言えます。
(開発費の問題上、ひとつのハードに特化したゲームが作りづらい
という現実も当然ながら存在しています)

単純なマシンスペックでは、WiiよりもPS3やXbox360の方が優れている
ということは周知の事実です。Wiiの魅力は、WiiリモコンやWiiConnect24
などの「数字で測れる性能」とは異なる新しい機能にあります。
しかしながら、これらを真に利用して最高の性能を引き出している
ゲームは残念ながらそこまで多くはありません。

これは別に任天堂ハードに限った話ではないことは、PS3のSIXAXIS
(コントローラの傾き検出機能)がぱっとしないことからも明らかです。
PS3にはカメラやEyetoyといった周辺機器もありますが、ほぼ同様です。
胴元はソフトを出し続けなければならないので、パーセンテージとしても
サードパーティが弱く見えるのは当たり前のことです。

DSに関して言えば、それよりスペックが高いPSPというハードがありますが、
携帯機に関しては、どうやらマシンスペックよりも優先度の高い「性能」が
重視されているのか、あるいはそこまで圧倒的なスペック差でないためなのか、
そこが大きな魅力につながっていないかのどちらかなのだと思います。

もしこれが原因だとするならば、PS3のPlayStation Moveや、
Xbox360のKinectでもほとんど同じことが起きるかもしれません。


では、ニンテンドー3DSではどうなるのか、という話ですが、
私はあまり悲観的には考えていません。
「3D立体視」というのはあくまでこれまでの3Dゲームに対しての
「付加機能」にすぎず、普通に今まで通りの3Dゲームを作っていれば、
単純にゲームがパワーアップする内容のものです。

プログラマやグラフィッカー的には、2D的なごまかしがやりづらくなる
(ポリゴン板の組み合わせで木や森っぽいオブジェクトを作るなど)
というデメリットはありますが、ゲームデザインまでに影響する
デメリットはほとんどありません。

ニンテンドー64版の「ゼルダの伝説」や「スターフォックス64」が
3D化されて移植されるということからも、障害は少ないと思います。

また、今後PSP2が発表されれば話は別ですが、現段階では、
ニンテンドー3DSを超える「マシンスペック」の携帯機というのは
ほとんどない(iPhone4は微妙ですが、ゲーム機ではないという点で
比較対象とはなりにくいかもしれません)ことからも、
比較されるものがないため問題にならないかと思います。

個人的にはニンテンドー3DSには大いに期待しています。
サードパーティにとってもこれが大きな打ち出の小槌になることを
心から祈っています。
スポンサーサイト

2010年10月21日 Game Business トラックバック(0) コメント(1)

Wiiリモコンを活かし、かつ家族層向けのシンプルさってのがキーワードと考えます。
例えばウイイレシリーズはWiiリモコンを活かしてて買った人には評価高いですが、操作が複雑なため人を選ぶゲームになってしまっています。
売るターゲットに合わせてゲームを作るべきですよ

2010年10月25日 sancho URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。