「ゲームデザイナーズ大賞」は本当に開発者による賞なのか? Game Programmer's (web)Log

「ゲームデザイナーズ大賞」は本当に開発者による賞なのか?のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ゲームデザイナーズ大賞」は本当に開発者による賞なのか?

毎年、東京ゲームショウにて「日本ゲーム大賞」という賞が
開催されていることはご存知の方も多いかと思います。

この賞の選考方式は、基本的には「東京ゲームショウへ来場した人の」
投票に基づき、選考委員会が選考基準にのっとって選考するというものです。

以前、これらの賞に対しての疑問を投げかけたエントリを書いていますので、
詳細についてはこちらをご覧いただければと思います。

海外のGOTY、日本のGOTY(1)(Game Programmer's (web)Log)
http://gpl.blog113.fc2.com/blog-entry-37.html


それを踏まえて、CESAは、今年は「ゲームデザイナーズ大賞」というものを
新設するそうです。

ゲームデザイナーズ大賞について(日本ゲーム大賞2010)
http://awards.cesa.or.jp/overview/designers.html


はっきり言います。

CESAは相変わらず、日本ゲーム大賞を外に開くつもりはないようです。

選考委員長の桜井政博氏がファミ通のコラムに書いていたように、
(図々しくも言わせていただくと私もエントリに書いていたように)、
日本ゲーム大賞」は、受賞作品が一般投票に基づいていること、
そしてCESAが「業界団体」であることから、受賞作品が話題性やセールスに
よるものに偏りがちです。

単に売り上げランキングをもう一度見せられているだけのようで、
盛り上がりに欠けるのが事実です。
(実際に私の会社の周りでもほとんど話題にあがりません)

それとはカウンターを為すための賞として「ゲームデザイナーズ大賞」は
新設された…というのが名目だと思うのですが、この賞を決めるのは、
やはり「誰かが選んだ」ゲームデザイナー11名です。


確かに顔ぶれを見ると、いずれも素晴らしい功績を残した
ゲームデザイナーの方々であることは言うまでもありません。
そこは一切否定しません。

が、結局のところ、ここに名前が挙がる全員が雑誌メディア等の
息のかかった人間であるというのも否定できません。

だったら、今までの大賞の「委員会」とやらのメンバーを
彼らに変えれば同じなのでは…?という思いが拭えません。

比較するのもなんですが、私が度々エントリで話題にもしている、
アメリカのゲーム開発者会議「Game Developers Conference (GDC)」
で開催される「GDC Awards」は、ゲーム開発者による投票で決定します。
(全くそれ以外の要素がないとは言い切れませんが公にはそうです)
また、GDC Awardsでは、ゲームデザイン、グラフィックなど、
各部門ごとに賞を選考するため、その選考理由も明確です。


ゲームデザイナーズ大賞」はまだノミネート作品すら公開されていませんが、
これが日本の真の意味での「ゲームデザイナーが選ぶゲーム大賞」と
なるのかどうか、見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト

2010年06月08日 Game Culture トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。