世界でもっとも面白い(とされる)DSソフト Game Programmer's (web)Log

世界でもっとも面白い(とされる)DSソフトのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世界でもっとも面白い(とされる)DSソフト

ゲームの面白さは遊んだ人によってまちまちではありますが、
雑誌のレビューやレビューサイトなど、特に「点数」がつくものは
参考にしている方も多いのではないでしょうか。
(遊ぶ側としてはもちろんですが、作る側としても気にします)

度々このblogでも取り上げていますが、海外で最も影響力のある
と言われる「metacritic」というレビューサイトがあります。
ゲームだけでなく、映画や音楽などもレビューの対象となる
巨大な総合レビューサイトです。

metacritic
http://www.metacritic.com/


影響力のある、というのはごもっともな話で、
このサイト、世界中の雑誌やゲームサイトなどのメディアによる
レビューの点数をまとめた平均点(metascore)をランキング形式で
掲載しているため、好き嫌いも含めた「平均化された」「客観的な」
面白さの指標としてユーザーだけでなくゲームメーカーや
ハードメーカーからもひとつの基準として注目されているサイトです。


メディアは主にアメリカ、ヨーロッパの雑誌、Webメディアが
ほとんどになるため(たまにファミ通のクロスレビューが入ります)、
日本国内でしか発売されていないタイトルは載りませんが、
国内では主だったレビューが存在しないダウンロード配信のゲーム
載りますので、
日本のゲームを購入する上でも役立ちます。

採点は100点満点(満点が異なるメディアの点数は100点満点に
置き換えた場合の点数として計算)で、私の個人的な感想では、
80点以上のゲームはほぼハズレなしのいずれ劣らぬ名作揃い、
90点以上ともなると、年に1本出るかどうかの名作になります。
metacriticでは75点以上のソフトを「グリーン(優良)」と
定めているようです。)

このサイトのゲームカテゴリでは、各プラットフォームごとに、
歴代の高得点のゲームがランキングとして並んでおり、
アーカイブ的な意味合いでも素晴らしいサイトになっています。

さて、ところで、この中のニンテンドーDSのランキングが
興味深いことになっていたので、ここで紹介させていただきます。
Googleで調べましたが、日本語で取り上げられているサイトは
なかったのできっと初めてのはず。

DSのmetascoreランキングで、1位のタイトルは100点満点中
93点という堂々のスコアで2本あります。

1本目は「Grand Theft Auto: Chinatown Wars」です。
日本でも発売されていますが、GTAシリーズ、さすがの貫禄です。

そして2本目。こちらが非常に興味深いです。
そのタイトルとは…

「Flipnote Studio」です!

と言っても馴染みのないタイトルですが、
これ実は、「うごくメモ帳」の英語タイトルです。
DSiを購入すれば誰でも無料でダウンロードできる、
あの、「うごくメモ帳」です。

うごくメモ帳(任天堂ホームページ)
http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/kguj/index.html


要するに、人間のクリエイティビティこそが一番面白い、
世界は申しておるようです。

ゲームを作っている側からすれば、大変悔しい結果ではありますが、
ある意味揺るぎない事実でもありますので当然とも言えます。
この辺りは、日本人の感覚とは若干異なるかもしれません。

なお、次点は日本人にもおなじみ、92点の「クロノトリガー」。
オリジナルのスーパーファミコン、プレイステーション版は、
ヨーロッパでは発売されなかったため、DS版が初の公式販売です。

他にもランキング上位には任天堂などの国産ゲームがほぼ独占で、
携帯ゲーム機での日本人の強さを見せつけています。

この他にも、日本のゲームのレビューはたくさん載っていますので、
いろいろと調べてみてはいかがでしょうか。
日本のユーザーが酷評しているあれやこれなどが、
外国人には意外に好評価だったりして面白いと思いますよ。

スポンサーサイト

2010年05月09日 Game Contents トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。