「神ゲー」という言葉 Game Programmer's (web)Log

「神ゲー」という言葉のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「神ゲー」という言葉

インターネットでよく見かける言葉の中で、
「神ゲー」「神曲」というものがあります。

海外で「God Game」というと、「ポピュラス」や「シムシティ」などの
「神様視点のゲーム」という意味で、全く違う意味になりますが、
日本国内においては、概ね「神がかった素晴らしいゲーム」
という意味で使われています。

ゴッドゲーム(Wikipedia)

突然ですが、私はこれらの言葉に対して違和感を感じています。

ひとつの理由としては、それはビデオゲームが単なる
「娯楽」だと考えているから
というのがあります。

私自身、人生の中で多くの時間と労力をゲームに費やしています。
ゲームがなければ今の自分はありませんし、
現在もそれで生計を立てているわけですから、
もちろん重要なものであることには変わりないのですが、
「娯楽」というのは、あくまで人生における「付加価値」的なもの
だからこそ価値が増すという考えがあるため、
そういった存在に対して「神」とは仰々しすぎると感じます。
(あるいは、「神」という言葉を軽々しく扱いすぎかのどちらかでしょう)

そして、もう一つの大きな理由は、端的に言えば、
「ゲームは人間が作るもの」だからです。
人間が作る以上は、良い面はもちろん、至らなかった面も存在します。
人間か考えて作るものですので、そのデザインには必ず何らかの
その人間の「意思」というものが反映されます。

制作者の意図と、プレイヤーの意思がかみ合わず、
あるいは、完成品が意図どおりのものに達しなかったがために、
残念な評価をされるものもありますし、
逆に思わぬ化学反応によって、絶大な支持を得るものもあります。

何にせよ、ビデオゲームというのは、
自然に天から降ってくるものではありません。
出来の良いものも悪いものも、人間が作り出したものだからこそ
その違いが出てくるのだと思います。

プレイヤーがゲームの向こうにいる人間のことを意識する必要は
全くないと思う反面、ゲームに限らず、今自分の身の回りにある
ありとあらゆる「モノ」は、誰かが作ったからこそ今ここにある
という意識は忘れたくないと、実際にモノを作る立場になってからは
強くそう思うようになりました。

私自身は無宗教の人間ですが、「神」と言われると
「そうかなあ?」と思ってしまうので書いてみました。
スポンサーサイト

2009年05月06日 Game Culture トラックバック(0) コメント(6)

同感ですが、
そういうことを言ったらゲームに限らないし、
キリもないと思います・・・

2009年05月08日 コンラッド URL 編集

はじめまして。私も管理人さんと見解が異なる点がありますが神曲とか、神ゲーという言葉には相当の拒否感が強いです。神~という言葉にはものすごくえらそうな感じと傲慢な雰囲気が感じられ、否定されることすら許されない雰囲気さえ感じます。

ゲームのおもしろさなんて、調整とかシステムとかもありますが最終的には自分と合うかどうかの相性の問題と思いますので、自分が面白かったら、相手も絶対に面白い、いや面白くないといけないゲームなんてないと思うのですが。

2009年05月09日 グリッサンド URL 編集

久々にコメントを頂戴いたしました。
ありがとうございます。

◆コンラッドさん
コメントありがとうございます。

もちろんゲームに限りませんし、キリもないのですが、
コンラッドさんのような方がこのエントリを読んでくださって、
同感ですとコメントしてくださっただけでも、
私はこのエントリを書いた意味はすでにあったと思っていますよ。

「言ってもキリがないからやらない」と言ってしまうと、
そもそもこんなブログを書く必要はありませんし、
さらにいえば、私がわざわざゲーム開発に携わる必要もなくなります。

私自身が個人的にそう感じているだけであって、
「神ゲー」という言葉を撲滅する目的でこのエントリを書いたわけでは
ありませんので、そこはご理解いただければと思います。

◆グリッサンドさん
コメントありがとうございます。

私もグリッサンドさんのご意見に強く同意します。
「面白さ」に対する価値基準は、それぞれの人が自分の物差しで
計ればよいわけで、そこに絶対基準、絶対価値を設定したがる
今のユーザーコミュニティには少々戸惑いを感じます。

自分が面白いと思ったものを「面白い」というだけで、
「そんなものを面白がっているようではセンスがない」と
否定されてしまう(もしくはその逆も)風潮は
遊び手としても作り手としてもあまりよろしくないと感じます。

2009年05月10日 ykyky URL 編集

某掲示板の
住人たちが多用する言葉ですね。
なんでも大袈裟
というのがいかにもメディア脳
という感じがします。
Game Programmer'さんの
感覚は正しいと思います。

2009年06月08日 MA URL 編集

◆MAさん
コメントありがとうございます。

「メディア脳」ですか。
たしかに、0か1か、という極端な意見しか持たないがために
非常に好戦的で威圧感のある単語だと私も思います。

「世界に一つだけの花」とは言い古された言葉ですが、
それぞれに面白い部分とダメな部分を持ち合わせてこそ味があり、
それを楽しめるのが人間のいいところ、と思っていますので、
遊ぶ側が遊び心を忘れてしまってはいけないなと思います。

2009年06月18日 ykyky URL 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2011年09月07日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。