「ドラゴンクエストIX」発売延期という大型タイトルの宿命 Game Programmer's (web)Log

「ドラゴンクエストIX」発売延期という大型タイトルの宿命のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ドラゴンクエストIX」発売延期という大型タイトルの宿命

もうすでに各所でも報道されておりますとおり、
ドラゴンクエストIX」の発売延期が発表されました。

公式のニュースリリースはこちらです。

また、決算会見でのスクウェア・エニックス和田社長の発言も
以下に掲載されています。

「ドラクエIX」発売延期の理由は「油断していた」と和田社長(ITMedia)

BIGLOBE GAMEのコラムでは、ゲームの不具合に関する考察も書かれています。

「ドラクエ9」7月に  延期の理由とゲーム企業の形(BIGLOBE GAME)

各種コミュニティサイトやブログサイトでも当然のことながら
物議をかもしており、様々な憶測が飛び交っています。

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』発売日を7月に延期(iNSIDE)

『ドラクエIX』延期、店頭でも慌しい動き(iNSIDE)

以前から、プログラムのバグについては書いてみようと思っていたのですが、
せっかくの機会ということなので、ゲーム開発側の立場から、
プログラムのバグと、発売延期に関する考えをまとめてみようと思います。

まず、大前提として、はっきりさせておかなければならないことは、
「発売延期をするということは会社に多大な損害を与える」ということです。

即物的な点としては、すでに店舗や各種メディアに対して送ってしまった
リリースを取り下げなければならないための人件費、
あわせて、広告物などの作り直し、送り直しによる費用、
そして、開発者がそれだけの期間長く携わるための開発費があります。

また、それを超えた点として、ユーザーや、特に株主に対しての、
企業ブランドの低下、株価の下落などがあり、それら双方を加味すると、
数億円から、大企業の場合は下手をすると数十億円の
損失になると思われます。

(あくまで経済については素人ですので推測でしかありませんが)

ですので、単純にいって、「発売延期」というのは通常「最後の手段」
として開発者側では認識されています。
発売されたゲームにバグが残っていたり、あるいはゲーム的に
理不尽な点が残っていたりするのは、ほぼ全て「発売延期を避けたから」
であると言っても過言ではないと思います。

「発売延期」におけるデメリットと天秤にかけて、それでもなお、
発売延期を取らなければならないメリットが存在しない限り、
絶対に発売延期とはなりません。
それはつまり、ゲーム進行に影響しない些細なバグや、
洗練されていないゲームバランスなどは、
その理由には値しないということでもあります。

それを踏まえた上で、なおも「ドラゴンクエストIX」が発売延期を
取らざるを得なかった理由というのを考えなければなりません。

「ドラゴンクエスト」シリーズというのは、言わずと知れた
超大型タイトルで、世界的にも非常に知名度、評価の高いタイトルです。
ですので、会社側としても、その大型タイトルで、ゲーム的に、
あるいは製品的に欠陥のあるものであってはならないという意識は、
必然的に高くなるのが実情です。

「ドラクエ」だけに限らず、「ファイナルファンタジー」や
「ゼルダの伝説」、「バイオハザード」など、その企業の看板となる、
超大型タイトルの場合で、発売日がなかなか決まらなかったり、
発売延期が起きやすいというのは昨今よく見られる傾向でもあります。

やはり、遊ぶ人の数の桁が1段高くなりますし、ゲームメディアだけでなく、
新聞メディアや経済メディアなどからの注目も飛びぬけて高いため、
他の中小規模のタイトルとはどうしても扱いが変わってしまいます。
「普段それほどゲームはしないけど『ドラクエ』だけは大好き」という方は
私の知人にも結構な数でいますので、「ゲーム業界でのお約束」で
済ませることはできない問題も多数あります。バグももちろんその一つです。

発売の時期が7月に延びた件についてですが、
これにもいくつか理由はあるかと思います。

ゲームの発売日というのは、単純な開発側の都合だけで
決定することはまずありえません。

どんな商材でも当てはまることですが、例えば新作の水着(夏服)を
真冬に新しく売り出そうという企業はまずないでしょう。
ゲームに関していえば、(日本の場合)夏休み前と年末の、
ちょうどボーナス商戦に当たる時期がもっともゲームが
(ゲームだけに限らずですが)売れる時期と言われています。

また、スクウェアエニックスはいくつものタイトルを抱えている大企業です。
販売戦略を綿密に立てて、それぞれのタイトルが最も売れるように
発売時期を調整するのは当然のことです。
ゲームの場合、一つの商品を購入してからそれを消費するまでの期間が
それなりに長い商品ですので、同規模、同ジャンルのゲームを、
同時期にリリースするのが得策でないことは想像に難くありません。

これらのことから、十分な開発期間と、経営的な判断によって、
7月という時期が選択されたのではないかと思います。
もし仮にこの時期をさらに逸してしまったなら、
次は11~12月まで待たなければならないと思われます。

発売延期の話だけで大分長くなってしまったので、
バグのメカニズムに関しては次にまた書こうかと思います。
スポンサーサイト

2009年02月15日 Game Business トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gpl.blog113.fc2.com/tb.php/55-d7150c4d

「ドラゴンクエストix

タモさん降板?! ... ドラゴンクエストIX延期の影響が週刊ファミ通にも [NS] 友達が働いているので心配。頑張れエンターブレイン。 ・ タモリ「笑っていいとも!」降板? ついに始まった超大物切り [アルファルファモザイク] タモさんじゃなかったら ...(続きを読む) 一日..

2009年02月15日 YouTube芸能動画倉庫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。