Xbox360を買いました(去年) Game Programmer's (web)Log

Xbox360を買いました(去年)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Xbox360を買いました(去年)

大変遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
2008年後半は大変に大変な時期でして、まるごと2ヶ月も
ブログの更新を休んでしまいました。

そんな更新が滞った現在でも、ウェブ拍手を毎週少しずつ
頂戴しておりまして、大変感謝しております。
ご愛顧いただきまして本当にありがとうございます。

さて、そんな忙しい最中ではあったのですが、
昨年ようやくXbox360を購入いたしました。
恥ずかしながら、今までハイエンド機を持っておらず、
(所有している最新機種はWiiでした)
いつ買おういつ買おうと思っていたのですがとうとう決心しました。

「グランドセフトオート4」がお目当てだったのですが、
何か値下げやキャンペーンのタイミングを待っていたところ、
ちょうどバリューパックが発売になったので、
それを購入させていただきました。

据え置き型のハイエンド機と言えば、もちろんプレイステーション3
もあるわけですが、私はXbox360をとりあえずは選択しました。
(もちろん今後PS3を購入しないとは限りませんが)

スペック的にも、ゲーム内容に影響が出るほど極端な差が
あるわけでもありませんし(作る側からすればいろいろと
違いがあって大変なのですが)、有名タイトルはほぼ両方の
プラットフォームにリリースされていますから、
どちらを選択してもそれほど違いはないとは思うのですが、
私にとって、どうしてもPS3にはない魅力がXbox360にあったため、
そちらを選択する決め手になりました。

というのは、HALOでもなくGears Of Warでもなく
「Xbox LIVE アーケード(XBLA)」の存在です。
(もちろんGears Of War 2も楽しみにしていますが…)

ゲームショップでは言うに及ばず、国内のゲーム雑誌などの
メディアでさえほとんど取り上げられることがありませんが、
かなりの数のタイトルがXBLAには揃っています。

古きよきアーケードゲームや、カジュアルゲームなどなど、
いろいろなタイプのゲームがリリースされていますが、
個人的に一番注目しているのはやはりアイデアや
ゲームデザイン重視のインディータイトルです。

以前にもインディーゲームのGOTYについてエントリを
書いたことがありますが、インディーゲームには、
ゲームデザイン、ビジュアルなどなど、商業タイトルとは
ちょっと違った「味」を持ったものが多く、
プレイ時間もあまり長くない、
値段も手ごろということで、がっつりといかないまでも、
ちょくちょく遊んでしまう魅力があると私は思っています。

Game*Sparkの記事で、昨年のXBLAで最も遊ばれたゲームの
ランキングが発表されています。

マイクロソフト、2008年のXbox LIVE人気タイトルTOP20を発表(Game*Spark)

これを見ると、新機軸のインディーゲームから、
過去の人気作のリメイク、古きよき時代のゲームデザインを踏襲した
完全新作など、いろいろなタイトルが名を連ねているのが分かります。

また、海外のレビュースコアをまとめたランキングを公開していることで
国内のゲームユーザーにもすっかり有名になったサイト「Metacritic」での
スコアランキングには、ダウンロード配信タイトルの名前も
いくつか見受けられます。国内ではほとんど名前を聞かないものも
海外では非常に高く評価されているようです。

Metacriticのゲームレビューページはこちらからどうぞ。(英語です)

PS3にもPlayStationStoreという、同じようなダウンロード配信サービスが
ありながら、なぜXbox360なのか?
とお思いの方もいらっしゃるかと
思いますが、タイトル数やラインナップを見てみても、
個人的にはやはりXbox360のラインナップには見劣りしてしまいます。

というのも、やはり設計がPCに近く、XNAという開発環境が無料で
提供されている(Xbox360への配信は有料ですが)という敷居の低さから、
やはりインディーゲームの開発ではXbox360に軍配が上がるのではないか、
というのが私の見解です。

ちょうど、現在開催中の世界最大級の家電見本市である
「International CES 2009」にて、Microsoftから、さらに手軽に
ゲーム開発ができる環境として、「Kodu」というものが発表されました。
こちらは、XNAのようなプログラミング開発環境というよりは、
日本で言う「ツクール」系のツールのような印象を受けます。
このことからも、やはりMicrosoft陣営の、インディーシーンに対する
期待度をうかがい知ることができます。


CES 09: 誰でも手軽にゲーム作成!Xbox LIVEのゲームデザインツール『Kodu』発表(Game*Spark)

というわけで、海外ゲーム好き、インディーゲーム好きの私に
よりマッチしたハードはXbox360でした、ということで購入に踏み切りました。

とは言え、忙しくてまだ箱も開けていないうちに、Xbox360
新基盤「Jasper」が発表されてしまったのですが…
というオチでした。
「積みゲー」はよくやりますが、「積みゲーム機」は生まれて初めてです…
先が思いやられますが、今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

2009年01月10日 Game Contents トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。