欧米人「も」アニメがお好き Game Programmer's (web)Log

欧米人「も」アニメがお好きのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

欧米人「も」アニメがお好き

ロックマン9の続きの話も書きたいのですが、
とにかく平日も休日も忙しい日々を送っておりますので、
簡単なネタエントリをひとつ。

バンダイナムコゲームズからリリースされる、「テイルズオブハーツ」には、
ムービーシーンがアニメのバージョンと、CGのバージョンの
2種類があるということが発表されています。

私が拝見させていただいている、「オレ的ゲーム速報@刃」さんでも
この話題が取り上げられており、そのコメントの中に、
アニメは日本国内仕様、CGは海外仕様」というご意見がありました。

『テイルズ オブ ハーツ』のアニメ版とCG版を比較(オレ的ゲーム速報@刃)

というわけで、実際のところどうなのか、海外サイトをいくつか見てみました。
とりあえずは、GameTrailers.comで公開されているトレイラーを見てみることに。

こちらがアニメバージョン。


こちらがCGバージョンです。


GameTrailers.comでは、ユーザがゲームの動画に対するレーティングを
することができるのですが、そこではわずかながらアニメバージョンに
軍配が上がっています。

コメントを見てみても、アニメがよいという意見が多数を占めています。

さて、私の大好きなkotaku.comでも同様の記事が取り上げられていました。

Anime Cutscenes vs. CG Cutsences - FIGHT!!(kotaku)

ここのコメント欄を見ても、「アニメの方がいい!」「いや、どっちもいい!」
という意見が大半を占めています。どちらもいいという意見が多いのが、
日本人にとってはなかなか新鮮に映るかもしれません。


kotaku.comにおける、アメリカ人とヨーロッパ人の比率については
私も把握はしていませんが、kotaku.comにコメントを残すほどの
ハードコアなゲーマー達にとっては、日本のアニメーションテイスト
というのは好意的に受け止められているようです。


で、私は、というと、CG側については、たしかにこれらのサイトで
取り上げられている画像にはかなり違和感を感じましたが、
動画で見てみた感想としては、そこまで「ナシ」でもないかなと。
リアルな人間に近いCGだけに、やはり動いているのを見ないと、
正しくは判断しづらいということが分かりました。


実際の人間の場合、どんなに顔の整った俳優さんなどでも、
写真写りが悪い人はいますし、どの瞬間、どのカメラ角度で見ても
美しく見える人というのはさすがにほとんどいないと思います。

CGムービーの場合、セルアニメのように、一枚(1フレーム)ずつ
すべてチェックするわけにもいかないでしょうから、
(CGムービー制作には詳しくないので実際は分かりません)
カメラ角度やタイミングによっては、いびつに映ってしまうこともあるでしょう。
この画像を作成したデザイナーの方には失礼ですが、
ちょっと魅力を引き出しきれていないんじゃないかなと思いました。

というわけで、どちらのバージョンもよいのではないでしょうか。
決して「逃げた」わけではありませんので!

スポンサーサイト

2008年09月18日 Game Contents トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。