今期待されているのはPS3ではなくPS2の値下げ? Game Programmer's (web)Log

今期待されているのはPS3ではなくPS2の値下げ?のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今期待されているのはPS3ではなくPS2の値下げ?

GameSparkの記事から。

数日前の記事になりますが、北米で新型PS2(PS3ではありません)が
2008年に発売されるという噂
が立っています。
確定情報ではありませんが、それなりに信憑性のある情報のようです。

一方で、さらに前にはSCEA(SCEアメリカ)の幹部が
以下のようなことをコメントしています。
GameSpotJapanの記事から。

要約すると、新型PS3にPS2互換を搭載しなかったのは、
PS3へとシフトさせていきたいから
ということらしいです。

PS3に注力させるつもりなのか、やっぱりPS2には
もっと稼いでもらいたいのか、SCEAの足並みが揃っていないのは
ともかくとして、PS2の値下げというのは、
ユーザにとっては歓迎すべきことでしょう。

余談ですが、以前のエントリで、新型PS3(40GB)とPS2の両方を
買った場合と、PS2互換機能つきの従来型PS3(60GB)を買った場合との
比較をしました。
ですが、この新型PS2は価格が$99(11000円強)ということで、
圧倒的に新型PS3の方がお得ということになりました。
逆に、60GBモデルの存在意義がかなり薄れたとも言えます。
(新型PS2の発売と同時にPS3の再値下げの可能性もありますが)

さて、この値下げを歓迎しているのは、ユーザだけではないと思います。
それは、当然PS2のゲームを開発しているメーカーということになります。

すでにあちこちでも報じられている通り、PS3やXbox360での開発は、
PS2での開発に比べれば多額の資金と技術力を必要とします。

Wiiに関して言えば、ゲームキューブのノウハウがあれば
開発に関しては大きな障害はないと思われますが、
普及台数で考えれば、やはりまだまだPS2には遠く及びません。
(時間の問題かもしれませんが)

また、Wiiはユーザ層がPS2とは異なり、しばらくゲームから離れていた
回帰ユーザや、今までゲームは触ったことがない新規ユーザが
多くの割合を占めている
ため、PS2と同様の路線で売り上げを狙うには、
もう少し本体の普及を待つ必要があるように思います。
Wiiでないと実現が難しいゲームデザインのゲームであれば、
Wiiで出す意義は十分にありますが、必ずしもそういうゲーム
ばかりでもありません。

大手のメーカーであれば、潤沢な予算と人材で、新しいゲーム機での
開発をしていくことが可能であり、使命でもあると思いますが、
(株主や業界に対するポーズという意味でも)
中小のデベロッパではなかなかそういうわけにもいきません。

そんな状況下で、今までのノウハウを活かしつつ、
最も安全に売り上げを期待できるのは、現行ではPS2ではないか

思っています。(携帯機はスペックに差があるので除外するとして)

この状況があと何年続くのかはわかりませんが、
2008年いっぱいくらいまでは続くのではないかというのが
個人的な見解です。今までのゲーム機の移行期間で考えると
長めかもしれませんが、いまだにPS2で新作が発表されていることを
考えると、今回の値下げに関しては、ひょっとすると
PS3の値下げ以上の効果が期待できるかもしれません。
スポンサーサイト

2007年11月05日 Game Business トラックバック(0) コメント(2)

ディスガイア3のような2DゲームをPS3で出すメリットってあるんですかね
今のところはまだPS3よりPS2で出した方が売り上げも伸びるでしょうし
忌火起草とかもPS2じゃ無理だったんですかね
単に市場を読み間違えただけかな

2007年11月06日 モグ URL 編集

◆モグさん
コメントありがとうございます。

PS3で出すメリットはもちろんあると思いますが、
現状ではデメリットの方が多い、という認識だと思います。

少なくとも、今モグさんが話題に挙げたという時点で、
話題性という点ではメリットがあったのではないかと思います。
PS3は競合タイトルがまだまだ少ないので、
せっかくPS3を買ったけど優位性を感じていない人が、
ひょっとしたら買うのかもしれません。(買わないかもしれません)

「忌引起草」ですが、見たところやはりPS2では実現が
難しいのではないかと思います。ホラーがテーマですので、
なるべくなら高解像度のグラフィックで表現した方が
より臨場感が増すでしょうし、何より、今回はセリフが全て
音声データになっているとのことですので、
それなりのデータ量は必要でしょう。
ネットワークで追加シナリオのダウンロードというのも
あるそうなので(本当にダウンロードにする必要性が
あったかどうかはさておき)、PS3のスペックは活かしたものに
なっているのではないかと思います。
スペックを落とせばPS2でも実現可能ではないかと思いますが、
クオリティとしてはインパクトに欠けるものに終わったと思います。

商品単体で採算が取れているのか、ということで言えば、
正直難しいのではないかと思いますが、
会社としてのイメージなどといった、副次的な効果は
それなりにあったとは思います。
未プレイなので、シナリオや面白さの評価はできませんが、
表現としては現時点では最高レベルのノベルゲームに
なったのではないでしょうか。
PS3では初(?)のノベルゲームだったわけですので。

さらに言えば、こういった形で先行投資しておくことで、
いざ世代が交代してPS2が役目を終えるときに、
その時点で一番クオリティの高いPS3タイトルを出すだけの
技術力が蓄えられているということにもなると思います。
長い目で見れば、結果がでるのはまだまだ先のことでは
ないかと思います。

2007年11月06日 ykyky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。