「モンスターハンター3」移籍の波紋(1) Game Programmer's (web)Log

「モンスターハンター3」移籍の波紋(1)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「モンスターハンター3」移籍の波紋(1)

ゲーム関連ブログをやっている身であれば、
モンスターハンター3」の電撃移籍発表については
避けて通れないような風潮になっていますので、
例に漏れず私も思うところを述べてみようかと思います。

情報ソースは多岐にわたりますので、今回リンクは張りません。
カプコンの「モンスターハンター3」が、
当初PS3をプラットフォームに開発されていたのが、
Wiiに変更されたという発表が任天堂カンファレンスにて
あったというニュースです。

せっかく動画が貼れるので、任天堂カンファレンスで
発表されたトレイラーをこちらに。
GameTrailers.comからいただきました。



さて、案の定と申しますか、かなりの数のニュース、
ブログでこの話題が取り沙汰されました。
Yahooニュースのトップ記事にもなったということで、
この発表の影響度がうかがえます。

賛否両論あるかと思いますが、
ネットユーザからの意見としては、
圧倒的に「否」が多いようです。
まあ、基本的に「賛」の人は声をあげる必要がないので
少ないのは当然のことなのですが。

amazonのレビューページや、いくつかのコミュニティサイト、
ブログなどで、様々なユーザの方の意見を拝見しました。
それを踏まえて、いくつか書いてみたいと思います。

発売するハードを変更するということに関しては、
開発現場ではさして珍しいことでもありません。
ただし、すでにユーザに対して発表してしまった後での
変更というのはほとんど例がありませんし、
ユーザが憤慨するのももっともな話です。
これに関しては、カプコン側は素直に
ユーザに対して非を認めるべき
だと私も思います。

まだ発売されていない、これから発売されるゲーム
ゲーム機の購入動機にしている人が結構な数でおり、
そういった方々はしきりに「裏切り行為だ」という声をあげています。
私はというと、プレイしたいゲームが出たときに
ゲーム機と一緒に購入するのが常なので、
「先に買っておく」という行為はいまいち理解はできませんが。

ただ、一番重要な点なのですが、この発表があった翌日、
カプコンの株価はかなりの上げ幅を見せました。

2700円前後をうろうろしていた株価が、
ここに来て3000円の大台を突破しました。
詳しくは日経の記事より。

つまり、ユーザはこの選択に関して否定的な意見が多く
(と言っても、ブロガーは全体のユーザの中のかなり偏った
一部でしかありませんが)あったのに対して、
投資家としては評価している人が圧倒的に多いという点です。
一部のユーザの信頼は失いましたが、
代わりに、株主の信頼は確実に得た
わけです。
同様の光景は、クローバースタジオが解散したときにも見られました。

この急騰に乗じて、株で儲けたデイトレーダーもいたでしょう。
厳しい言い方をすれば、冷静さを欠いて
「今後カプコンの製品は買わない」と声を荒げていた人の裏で、
冷静に儲けをあげていた人がいた
というのも事実です。

また、ユーザの中の意見で多かったのが、
「利益を追求して、ユーザを無視した」というものでした。
確かに、一部のユーザが切り捨てられたのは
疑いようもない事実です。
ただ、ゲームビジネスで利益をあげるためには、
「ユーザの方に購入していただく」しか方法はありません。

「利益を追求する」というのは、それだけの数のユーザに
購入していただく必要があるのですから、
ユーザを無視していることには全くなりません。
「自分が無視された」ことを「ファン全体が無視された」
とすり替えるのは少々行き過ぎではないかと感じました。

なぜPS3からWiiに変更したのかという点に関して、
カプコンの役員である一井氏のコメントが、
kotakuの記事
で紹介されていました。
記事では、一井氏いわく、PS3での開発費が高騰しているため、
Wiiへの開発にシフトしたそうで、Wii独自の機能を
活かすためではなさそう
だ、と書かれています。
開発側の都合ではなく、経営的判断だったようで、
ユーザとしては不安に思うところもあるかと思います。

ただし、多少強引にでも好意的に考えるならば、
PS3の方が開発費がかかるということは、
採算分岐点がその分高くなるということになります。
つまりは、より多くのユーザに売る必要があるということで、
結果的にはPS3で出す方が「利益を追求する」必要がある
と言えなくもありません。
「ユーザを無視する」ことと「利益を追求する」ことは
相反する事項ではないということです。

長くなりそうなので一旦切りましょう。
早ければすぐに続きをアップします。
スポンサーサイト

2007年10月13日 Game Business トラックバック(0) コメント(2)

ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い

サイト名:タイムブログランキング
URL:http://www.time-ranking.com/

はじめまして、「タイムブログランキング」管理人の水本と申します。
先日、BLOGランキングサイトをオープン致しました。
現在ご参加いただけるブログ様を募集しております。
ランキング参加はもちろん無料です。

是非、貴ブログ様のご登録をご検討下さい。
よろしくお願い致します。

コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。


※検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております為、
重複してのご案内になりましたらお詫び申し上げます。

2007年10月13日 タイムブログランキング URL 編集

◆タイムブログランキング 水本様
コメントありがとうございます。

現在のところ、そのようなランキングサイトへのリンクは
こちらからは考えておりません。
そちらでリンクを張っていただく分には構いませんが、
相互リンクに関しては希望に添えかねますのでご了承ください。

2007年10月17日 ykyky URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。