2008年にドリームキャストの新作リリースが決定 Game Programmer's (web)Log

2008年にドリームキャストの新作リリースが決定のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2008年にドリームキャストの新作リリースが決定

さすがにスレッドテーマに「ドリームキャスト」の文字は見つかりませんでした。

というわけで、GIGAZINEの記事から。
大本のソースはArcade Renaissanceの記事から。

開発中タイトルは2本あって、一つは「Dalforce」という
弾幕系縦シューティングゲーム。11のステージと4種の自機があるそうです。
開発を担当したのは、以前にも「LAST HOPE」というドリームキャスト
非公式ソフトを開発したNG:DEV.TEAMというところだそうです。

そして、もう一本は、「Wind and Water: Puzzle Battles」という、
見た感じよくある落ち物パズルゲームです。
こちらは、韓国の「GP2X」という携帯ゲーム機からの移植とのこと。

YouTubeに動画がありました。



公式サイトも発見。

販売はどちらもRedSpotGamesという会社のようです。
ドイツの会社でしょうか?

一説には、すでにセガではドリームキャストによるソフト供給に関する
ライセンスを放棄しているという話があったと思いますが、
今回も「LAST HOPE」と同様に非公式なリリースになるようです。

セガではドリームキャストのROMのプレス受託は終了している
というのをどこかのニュースで見た気がするのですが、
ソースが見つからなかったので一応噂ということで。
そんなわけで、まったくセガを通さずにリリースされるのではないかと思います。
ドリームキャストに関しては、ハードの内部構造が解析され尽くされている
と言っても過言ではないハードなので、こういうことも可能なのかもしれません。

同じような意味では、ファミコンの新作もリリースすることは可能ですが、
こちらはROMの値段がCDに比べて高いのと、カートリッジそのものが
量産が困難でしょうから、なかなか難しいでしょうね。
データによるリリースということならいけるかもしれませんが、
それだと一部の限られた人でしか実機で動かすことは不可能なので本末転倒ですね。
夢のある話ではありますが…

「Mr.SPLASH」のように、一本ずつ手作りで、フィギュアのように
一点ものとして売るなんていう商売ができたりして…

GIZMODOによる「Mr.SPLASH」動画はこちら。



こちらがプレイ風景です。



あ、MSXで新作を作ろう!といった内容の企画はあった気がします。
こちらは公式エミュレータもあるので、比較的開発や配布は容易なはず。
まだ続いているのでしょうか。
スポンサーサイト

2007年08月21日 Game Contents トラックバック(1) コメント(0)












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://gpl.blog113.fc2.com/tb.php/13-6f1411ea

Xbox 360 バリューパック(HDMI端子対応、「

XboxLiveやゲーム面でも沢山伝えたい事はありますが本体や内部の事について書きたいと思います。私は2007年の5月に初代の本体セットを購入しました故障回数は今の所0回ですが、調子は悪くなってきたと思います本体の電源を入れた時、緑のランプではなく、赤のランプが点灯...

2008年01月05日 ゲーム機をあげる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。