ゲームにしてはいけないゲーム Game Programmer's (web)Log

ゲームにしてはいけないゲームのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ゲームにしてはいけないゲーム

少し古いですが、ファミ通.comの新作紹介記事から。

13歳のハローワーク」がニンテンドーDSにてゲーム化されるという話です。
その話自体は、以前ファミ通の広告でも見たことがあるので
知ってはいたのですが、この記事を見て唖然としました。

13歳のハローワーク」は村上龍氏が書いた、中高生が「仕事」「就職」
というものを身近に感じてもらうための、いわばノウハウ本です。
私も立ち読みした程度でしか知らないのですが。

この職業ではこういうことをするのかとか、
この職業に就くためにはこんな努力が必要なのかとか、
そういったことが中高生にも分かりやすく書かれているのが、
この本の売りとなる部分だと思います。
それは「13歳のハローワーク」の公式サイトを見ても分かるとおりです。

たったこれだけの記事を見て、ゲーム内容が全て分かるわけではないにしても、
ファミ通.comの記事を見る限り、これはどう見ても職業をテーマにした
単なるミニゲーム
にしか見えません。
しかも、お世辞にもそのミニゲームが面白そうなものにも見えません。

このゲームのメインターゲットになるであろう13歳といえば、
もう「モンスターハンターポータブル」などの大人も楽しむゲーム
楽しんでいるであろう層だと思うので、中途半端なゲーム化は
自殺行為のように思います。そのゲームが面白いか否か、
その程度の判断は十分にできているでしょう。


この本がベストセラーになった原因のひとつには、
大人が読んでもきちんとためになる、いわば子供だましではない
れっきとした就職読本である
ということが挙げられると思います。
しかし、このゲームは、内容を見る限り、子供だまし以外の何物でもありません。

最初、私が「13歳のハローワーク」がゲーム化されるというのを知ったとき、
任天堂の、いわゆる「脳トレ」ソフトと同様に、実用色の強いソフトに
なるだろうと考えていましたし、それがベストだと思っていました。

このように中途半端にストーリーを盛り込み、ゲーム性を入れてしまうと、
ストーリーやゲームの都合により、肝心の語りたいコンセプトが
ぼやける可能性が十二分に発生します。

以前のエントリで、ゲームにしてしまったがためにシナリオが冗長になる
ケースがあるということについて書きましたが、
まさに同じようなことが起きうるということです。

いろいろな職業に関する情報が知りたいのに、
シナリオを読み、ミニゲームをクリアしていかないと見ることができない、

しかも、シナリオの都合で、自分の一番知りたい職業が
最後に現れる
としたら、本当に職業をまじめに考えている中学生は
果たしてどう思うでしょうか。

私はプランナーではないので、という言い訳を先にさせていただきますが、
私がもしこのソフトを作るとするならば、各職業に関する知識を問うクイズや、
適性を量るための心理テストや知能テストなどを入れて、
そのプレイヤーがどの職業にどれだけの適性があるかといったデータを
得点化して表示するようなソフトにするでしょう。
兄弟や友達で個人データを共有できるようにして、
それでコミュニケーションが図れればなおよいと思います。

これと同じようなことが、すでに忍氏のブログである
忍之閻魔帳の記事でも書かれています。
こちらはセガの「資格検定DS」についての話です。
まったくもってそのとおりだと思うのですが、
どちらにも言えることは、いまだに既存のゲームに存在する要素が、
全てのゲームでの面白さに直結していると思い込んでいる
ゲームプランナーが後を絶たない
ということです。

「ゲームニクス」という言葉が最近言われるようになっていて、
要は、ゲームがそうであるように、ユーザにとって魅力的で
継続性のあるインターフェースやユーザビリティをゲーム以外の分野でも
適用させていくべきだという話です。
「シリアスゲーム」と呼ばれる、教育や訓練のためのゲームが
まさにその実用例になります。

確かに、実用系ソフトでもゲーム的な要素を持つソフトは
DSのブレイク以降増えてきたのは間違いありませんが、
かといって、ゲームにある要素をなんでもかんでも適用すれば、
その分面白くなり、ユーザに対して訴求するというのは大きな間違い
です。

まだ出てもいないゲームについて、そこまで断定することはできませんが、
13歳のハローワーク」の名に泥を塗らないことを祈るばかりです。
スポンサーサイト

2007年08月15日 Game Development トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。