Game Programmer's (web)Log

kotaku.comとGame*Sparkがあれば他に何もいらない 職業ゲームプログラマがいろんなニュースに茶々を入れるblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「アーケードシューティングの未来」なんてない

あけましておめでとうございます(今更)

完全な放置状態ではありましたが、まだ生きております。
Twitterでもほとんどつぶやいていない日々が続きましたが、
峠は過ぎましたので、また今後もいろいろ書き記していきたいと思います。

しばらく放置している間に、いつの間にかTwitterウィジェットも
仕様が変わったのか表示されなくなっていたのでメンテナンスしました。

今回は以前のエントリの続きとも言えるお話です。
アーケードシューティングの未来
あえてまた挑発的なタイトルをつけさせていただきました。

さて、IndieGames.comの少し前のブログ記事にて、
とある日本製のインディーズ弾幕系シューティング
(bullet hell shooter)が紹介されていました。

その記事はこちらです。
Indie Game Pick: Crimzon Clover (Yotsubane) (IndieGames.com)

YouTubeの動画もあります。



「Crimzon Clover」と銘打たれたこのシューター、
ご覧いただければすぐにお分かりいただけると思いますが、
インディーズとは思えない素晴らしいクオリティに
仕上がっていることが映像からでも十分に伝わってくると思います。

そしてなにより、私を含むアーケードシューターファンには、
これが恐ろしいまでにCAVE(株式会社ケイブ)作品を
研究し尽くして作られたゲーム
であることが、
一目見ただけでもお分かりいただけると思います。
(あまりにもテイストが似すぎているので作者は関係者ではないか
とも思いますがそれはこの際置いておくことにします)

続きを読む

スポンサーサイト

2010年02月10日 Game Business トラックバック(0) コメント(8)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。