Game Programmer's (web)Log

kotaku.comとGame*Sparkがあれば他に何もいらない 職業ゲームプログラマがいろんなニュースに茶々を入れるblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ゲームに「ヘルプ機能」は必要なのか?

すでにさまざまなメディアで取り上げられていますが、
任天堂の「マリオ」の生みの親である、かの有名な宮本茂氏が、
様々な熟練度を持ったプレイヤーが等しくゲームを楽しむために、
ゲームに「ヘルプ機能」を搭載するという話が出ています。

宮本茂氏、Wiiのゲームに搭載する“ヘルプ機能”の存在を認める(iNSIDE)

そして、元ネタとなったkotakuの記事はこちら。

Shigeru Miyamoto Spills Beans On "Kind Code"... Almost(kotaku)

この機能はWiiでリリースされる「New スーパーマリオブラザーズ Wii」に
搭載される予定で、今後のゲームにも搭載されるそうです。

これに対するインターネットでの反応は、想像通りと申しますか、
やはり否定的な意見が大半を占めているように感じました。

奇しくも以前に難易度に関するエントリを書いたばかりでしたので、
そちらもお読みいただければ幸いですが、
私個人のゲーマーとしての意見としては、
やはり自分にとっては必要のないものだと思います。

ただ、曲がりなりにも世界中のゲーム開発者から「神」や「ヒーロー」と
称えられる宮本氏の発言ですから、そこにはやはりポジティブな思惑が
きっと何かあるはずです。

私は作り手でもありますので、神に近づくためにもこの題材を肯定的に捉え、
どうしたら面白くできるのか、想像してみたいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

2009年06月18日 Game Contents トラックバック(0) コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。