Game Programmer's (web)Log

kotaku.comとGame*Sparkがあれば他に何もいらない 職業ゲームプログラマがいろんなニュースに茶々を入れるblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国際ゲーム開発者会議、GDC08が今年も開催

去る2/18~2/22の間、毎年恒例となっている国際ゲーム開発者会議、
GDC08」(Game Developers Conference)がアメリカの
サンフランシスコにて開催されました。

今年の日本人講演者としては、ユーザの方もご存知の方が多いと思われる、
「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのディレクターである桜井政博氏や、
グラスホッパーマニュファクチュアのサウンドを手がける高田雅史氏、
「Wii Fit」の開発者である沢野孝雄氏などが名を連ねています。

日本のメディアでは、Game Watchや、ファミ通.comが詳しく取り上げています。

Game Developers Conference 2008 記事リンク集(Game Watch)

ファミ通.comのトップページ

新作発表や、新しいサービスの発表がある場でもあり、
最近では開発者のみならず、ユーザの方にも馴染みのあるものに
なってきたのではないかと思います。
今年で言うと、Microsoftからの、XNAによるインディーゲーム
配信サービスが始まる話や、「NINJA GAIDEN 2」の発売日の発表、
「Gears Of War 2」の制作発表などがありました。

また、GDCでは毎年、ゲーム開発者が選ぶ、Game Developers Choice Awards
というものがあり、その年でもっとも優れていたゲームを、
ゲーム開発者の視点から決めるというちょっと変わったゲーム大賞があります。

この賞は、ゲームの売れ行きとは関係なく、開発者の投票のみで
おこなわれるものなので、結果がメディアの選ぶゲーム大賞とは
少し異なるところに面白みがあるアワードとなっています。

ちなみに、今年の大賞は、Half-LifeシリーズでおなじみのValve社が
手がけた「PORTAL」という一人称視点の3Dパズルゲームです。
もともとは学生達によるチームが作っていたこのゲーム、
その開発版の完成度を見たValve社が、チームをまるごと
ヘッドハントした
という逸話がある作品です。

そんなGDCですが、今回は、Xbox Liveで始まるという、
インディーズの自作ゲームの共有を開始したというニュースと、
Wiiのダウンロードゲーム配信サービスである、Wiiウェアの
専用ソフトの開発についての、スクウェアエニックスによる講演が
ともに目に留まりました。

いよいよ本格的に、世界規模でのゲームのダウンロードサービスが
始まろうという空気を感じるこれらのセッション内容を読んで、
これからのダウンロードゲームサービスのあり方について、
もう少し詳しく書いてみたいと思います。
少し長くなりそうなので、次のエントリに続きます。

スポンサーサイト

2008年02月24日 Game Development トラックバック(0) コメント(0)

海外のGOTY、日本のGOTY(3)

またずいぶんと間が空きました。

さて、最後に海外でちょっと変わったGOTYが発表されたので、
それも合わせて紹介しておきます。

IndieGames.com Best-Of Features

IndieGames.comという、世界中のインディーズのゲーム
紹介しているサイトが選んだ、2007年のGOTYが発表されています。
このサイトは、アメリカで毎年開催されているゲーム開発者会議、
GDC(Game Developers Conference)や、ゲーム開発者向け雑誌、
Game Developers Magazine、同じくゲーム開発者向け情報サイト、
Gamasutra.comをプロデュースしている団体が、
同じく運営しているインディーズゲーム専門情報サイトです。

現在のところ、掲載されているGOTYは6本で、7本目が現在執筆中です。
1つ目は、スウェーデンの凄腕インディーゲームクリエイターの
CACTUS SOFTWAREのソフトだけを集めたランキングです。

Best Freeware Games by cactus 2007(IndieGames.com)

まだ22歳という若さで、この数年でものすごい数のゲームを
作成しているというだけでも驚きですが、その制作時間が、
長いものでも2ヶ月、短いものだと4時間という、
とんでもないものまであります。
正直、「なんじゃこりゃ」というようなものもありますが、
どれもこれも強烈な個性を放っていることだけは確かです。

そして、これがその中で1位に輝いた、「Akuchizoku(悪血族)」
というシューティングゲームです。



「R-TYPE」シリーズのようなフォース状の武器を持っていて、
これを「19XX」のように敵に付着させることで、
弾をホーミングさせて敵を倒すゲームのようです。
(シューティングゲーマーにしか分からない例えをあえて用いております)

続きを読む

2008年02月11日 Game Culture トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。