Game Contents Game Programmer's (web)Log

Game Contentsのカテゴリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「グラフィックの進化はゲームの面白さとは無関係」なわけがない

私の場合、昔のゲームというと、懐かしさでちょっと遊ぶ程度で、
そこまで頻繁には遊びません。(昔のゲームの話をするのは大好きです)
そんな私が、任天堂ホームページの名物コーナー、
「社長が訊く」の「スーパーマリオギャラクシー2」の回を読んで、
急に「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」が遊びたくなったので、
久々にWiiのバーチャルコンソールで購入しました。

当時はエンディングまで遊ばずに断念してしまったのと、
オリジナルが10年前なので記憶も曖昧になっていることと合わせて、
今でも楽しく遊べました。
正直な話、DS版の「大地の汽笛」より楽しんでます。

10年前のゲームではありますが、遊んでいると不思議なことに
いろいろな発見があります。

10年前と言えど、さすがは「ゼルダ」、ゲーム自体は
非常に面白いのですが、次に思うこととしては、
「今のスペックでリメイクしてくれればもっとよかったのに」、
つまりは「やっぱりグラフィックの進化は重要」ということでした。

続きを読む

スポンサーサイト

2010年07月06日 Game Contents トラックバック(0) コメント(4)

世界でもっとも面白い(とされる)DSソフト

ゲームの面白さは遊んだ人によってまちまちではありますが、
雑誌のレビューやレビューサイトなど、特に「点数」がつくものは
参考にしている方も多いのではないでしょうか。
(遊ぶ側としてはもちろんですが、作る側としても気にします)

度々このblogでも取り上げていますが、海外で最も影響力のある
と言われる「metacritic」というレビューサイトがあります。
ゲームだけでなく、映画や音楽などもレビューの対象となる
巨大な総合レビューサイトです。

metacritic
http://www.metacritic.com/


影響力のある、というのはごもっともな話で、
このサイト、世界中の雑誌やゲームサイトなどのメディアによる
レビューの点数をまとめた平均点(metascore)をランキング形式で
掲載しているため、好き嫌いも含めた「平均化された」「客観的な」
面白さの指標としてユーザーだけでなくゲームメーカーや
ハードメーカーからもひとつの基準として注目されているサイトです。


メディアは主にアメリカ、ヨーロッパの雑誌、Webメディアが
ほとんどになるため(たまにファミ通のクロスレビューが入ります)、
日本国内でしか発売されていないタイトルは載りませんが、
国内では主だったレビューが存在しないダウンロード配信のゲーム
載りますので、
日本のゲームを購入する上でも役立ちます。

採点は100点満点(満点が異なるメディアの点数は100点満点に
置き換えた場合の点数として計算)で、私の個人的な感想では、
80点以上のゲームはほぼハズレなしのいずれ劣らぬ名作揃い、
90点以上ともなると、年に1本出るかどうかの名作になります。
metacriticでは75点以上のソフトを「グリーン(優良)」と
定めているようです。)

このサイトのゲームカテゴリでは、各プラットフォームごとに、
歴代の高得点のゲームがランキングとして並んでおり、
アーカイブ的な意味合いでも素晴らしいサイトになっています。

さて、ところで、この中のニンテンドーDSのランキングが
興味深いことになっていたので、ここで紹介させていただきます。
Googleで調べましたが、日本語で取り上げられているサイトは
なかったのできっと初めてのはず。

続きを読む

2010年05月09日 Game Contents トラックバック(0) コメント(0)

ゲームに「ヘルプ機能」は必要なのか?

すでにさまざまなメディアで取り上げられていますが、
任天堂の「マリオ」の生みの親である、かの有名な宮本茂氏が、
様々な熟練度を持ったプレイヤーが等しくゲームを楽しむために、
ゲームに「ヘルプ機能」を搭載するという話が出ています。

宮本茂氏、Wiiのゲームに搭載する“ヘルプ機能”の存在を認める(iNSIDE)

そして、元ネタとなったkotakuの記事はこちら。

Shigeru Miyamoto Spills Beans On "Kind Code"... Almost(kotaku)

この機能はWiiでリリースされる「New スーパーマリオブラザーズ Wii」に
搭載される予定で、今後のゲームにも搭載されるそうです。

これに対するインターネットでの反応は、想像通りと申しますか、
やはり否定的な意見が大半を占めているように感じました。

奇しくも以前に難易度に関するエントリを書いたばかりでしたので、
そちらもお読みいただければ幸いですが、
私個人のゲーマーとしての意見としては、
やはり自分にとっては必要のないものだと思います。

ただ、曲がりなりにも世界中のゲーム開発者から「神」や「ヒーロー」と
称えられる宮本氏の発言ですから、そこにはやはりポジティブな思惑が
きっと何かあるはずです。

私は作り手でもありますので、神に近づくためにもこの題材を肯定的に捉え、
どうしたら面白くできるのか、想像してみたいと思います。

続きを読む

2009年06月18日 Game Contents トラックバック(0) コメント(2)

Xbox360を買いました(去年)

大変遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
2008年後半は大変に大変な時期でして、まるごと2ヶ月も
ブログの更新を休んでしまいました。

そんな更新が滞った現在でも、ウェブ拍手を毎週少しずつ
頂戴しておりまして、大変感謝しております。
ご愛顧いただきまして本当にありがとうございます。

さて、そんな忙しい最中ではあったのですが、
昨年ようやくXbox360を購入いたしました。
恥ずかしながら、今までハイエンド機を持っておらず、
(所有している最新機種はWiiでした)
いつ買おういつ買おうと思っていたのですがとうとう決心しました。

「グランドセフトオート4」がお目当てだったのですが、
何か値下げやキャンペーンのタイミングを待っていたところ、
ちょうどバリューパックが発売になったので、
それを購入させていただきました。

据え置き型のハイエンド機と言えば、もちろんプレイステーション3
もあるわけですが、私はXbox360をとりあえずは選択しました。
(もちろん今後PS3を購入しないとは限りませんが)

スペック的にも、ゲーム内容に影響が出るほど極端な差が
あるわけでもありませんし(作る側からすればいろいろと
違いがあって大変なのですが)、有名タイトルはほぼ両方の
プラットフォームにリリースされていますから、
どちらを選択してもそれほど違いはないとは思うのですが、
私にとって、どうしてもPS3にはない魅力がXbox360にあったため、
そちらを選択する決め手になりました。

続きを読む

2009年01月10日 Game Contents トラックバック(0) コメント(0)

欧米人「も」アニメがお好き

ロックマン9の続きの話も書きたいのですが、
とにかく平日も休日も忙しい日々を送っておりますので、
簡単なネタエントリをひとつ。

バンダイナムコゲームズからリリースされる、「テイルズオブハーツ」には、
ムービーシーンがアニメのバージョンと、CGのバージョンの
2種類があるということが発表されています。

私が拝見させていただいている、「オレ的ゲーム速報@刃」さんでも
この話題が取り上げられており、そのコメントの中に、
アニメは日本国内仕様、CGは海外仕様」というご意見がありました。

『テイルズ オブ ハーツ』のアニメ版とCG版を比較(オレ的ゲーム速報@刃)

というわけで、実際のところどうなのか、海外サイトをいくつか見てみました。
とりあえずは、GameTrailers.comで公開されているトレイラーを見てみることに。

こちらがアニメバージョン。


こちらがCGバージョンです。


GameTrailers.comでは、ユーザがゲームの動画に対するレーティングを
することができるのですが、そこではわずかながらアニメバージョンに
軍配が上がっています。

コメントを見てみても、アニメがよいという意見が多数を占めています。

さて、私の大好きなkotaku.comでも同様の記事が取り上げられていました。

Anime Cutscenes vs. CG Cutsences - FIGHT!!(kotaku)

ここのコメント欄を見ても、「アニメの方がいい!」「いや、どっちもいい!」
という意見が大半を占めています。どちらもいいという意見が多いのが、
日本人にとってはなかなか新鮮に映るかもしれません。


kotaku.comにおける、アメリカ人とヨーロッパ人の比率については
私も把握はしていませんが、kotaku.comにコメントを残すほどの
ハードコアなゲーマー達にとっては、日本のアニメーションテイスト
というのは好意的に受け止められているようです。


で、私は、というと、CG側については、たしかにこれらのサイトで
取り上げられている画像にはかなり違和感を感じましたが、
動画で見てみた感想としては、そこまで「ナシ」でもないかなと。
リアルな人間に近いCGだけに、やはり動いているのを見ないと、
正しくは判断しづらいということが分かりました。


実際の人間の場合、どんなに顔の整った俳優さんなどでも、
写真写りが悪い人はいますし、どの瞬間、どのカメラ角度で見ても
美しく見える人というのはさすがにほとんどいないと思います。

CGムービーの場合、セルアニメのように、一枚(1フレーム)ずつ
すべてチェックするわけにもいかないでしょうから、
(CGムービー制作には詳しくないので実際は分かりません)
カメラ角度やタイミングによっては、いびつに映ってしまうこともあるでしょう。
この画像を作成したデザイナーの方には失礼ですが、
ちょっと魅力を引き出しきれていないんじゃないかなと思いました。

というわけで、どちらのバージョンもよいのではないでしょうか。
決して「逃げた」わけではありませんので!

2008年09月18日 Game Contents トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。